トップ 飛び出す絵本diary*200809 > 「シンデレラ」と言われてしまう飛び出す絵本

「シンデレラ」と言われてしまう飛び出す絵本

くるみ割り人形の飛び出す絵本、ラストページだけを見せて「何のお話だと思う?」と聞くと、10人中10人が「シンデレラ!」と答えます。。。

今朝娘にも同じように聞いてみました。やっぱり答えはシンデレラ。

「みんなそういうんだよね…」

「しかたないじゃない、くるみ割り人形の話を知ってる人なんていないんだからさ!」

確かに! うーん、言われるまで気づかないとは!!

チャイコフスキーの組曲は有名なので『くるみ割り人形』という名前を聞いたことはあっても、話までは知らない、話を知っていても「バレエのくるみ割り人形」なんでしょうね。

実は私も「バレエのくるみ割り人形」しか知りませんでした。。。

余談ですが、大人になってからバレエを始めた私、くるみ割り人形の葦笛の踊りが初めてトゥシューズで踊った曲なんです♪ 

5年ほど前ですが、恐ろしくて当時のビデオを今だに見ることができません(笑)

さて、バレエのくるみ割り人形は、少女がクリスマスの夜に見た夢のお話になっています。

ホフマンのくるみ割り人形は、少女の助けでのろいのとけたくるみ割り人形が、銀の馬にひかれた金の馬車で少女を迎えにくるんです♪

最初はバレエ版のストーリーにしようかと思ったんですが、原作を読んだらこっちの方が100倍ロマンチック!

馬車、お城…

絵本にぴったり♪

馬車にお城とくれば「シンデレラ」になることなんて考えもしなかった(>o<)/

かぼちゃの馬車に間違えられないように変えなくちゃ!と思ってるところです。 

 


飛び出すしかけ絵本作り方freeレシピ
飛び出すしかけ絵本作り方アリスのレシピ
飛び出すしかけ絵本型紙





Do not hot link to pictures in this site.
画像へ直接リンクを貼らないでください。