トップ 飛び出す絵本diary*200811 > 世界的折り紙建築アーティスト:Maria(Marivi) Victoria Garrido

世界的折り紙建築アーティスト:Maria(Marivi) Victoria Garrido

11月2日(日)

早いものでもう11月ですね。
10月中に折り紙建築の紹介を終えようと思っていたのですが。。。 
ペーパーエンジニアのリストを作っていて(飛び出す絵本を紹介する新しいサイトを作ろうかと構想中)、気がついたら11月になってました(笑)

少し前からは、折り紙テセレーション(日本語では平織り、結晶折り紙とよばれるらしいです)も始めてしまいました。 すっごく難しいけど、すっごくきれいなんです。 ポップアップと組み合わせて作品を作りたいなぁ…と。

クラフトロボもやりたいし、折り紙建築もやりたいし、飛び出す絵本も作りたい!
もっと時間が欲しいと思うこの頃なんですが、なぜか眠くて眠くて9時過ぎまで起きていられないのが悩みです。。。


さて、本題です。

今日ご紹介するMariviさんは、2001年、ニューヨークのAmerican Craft Museumで開催された折り紙建築展示会で、折り紙建築の考案者茶谷正洋先生、中沢圭子先生の作品とともにその作品が公開された、世界的なアーティストです。

前回の記事でご紹介したIngrid Siliakusさんも、同展示会で作品を公開しています。

American Craft Museumの記事
http://madmuseum.org/SEE/past%20exhibitions/OrigamicArchitecture.aspx

mariviさんの記事(サブダさんとの写真がありました)
http://marivi_10.tripod.com/craftmuseum.html

精巧な折り紙建築から、繊細な模様を切りだした女性らしいメルヘンな折り紙建築、そしてポップアップまで、ホームページにはmariviさんの作品がたくさん飾られ、目を楽しませてくれます。

http://marivi_10.tripod.com/

mariviさんの作品の数々…素敵でしょう♪
下のリンクからご覧くださいね。

http://marivi_10.tripod.com/myhomenew.html

こちらのギャラリーも
http://marivi_10.tripod.com/patterns2-new.html

ギャラリーの画像をクリックすると大きな写真で見ることができますよ。


ホームページでは、mariviさんの作品が作れる型紙を入手することができますので、ぜひ作ってみてください。

型紙は個人使用のみ、商用利用は不可です。

フリーパターン
http://marivi_10.tripod.com/patterns3-new.html


画像かタイトルをクリックすると、作り方ページに行きます。
型紙はそちらのぺーじからダウンロードできますよ。

フリー型紙で一番最初のおすすめは「PORTRAIT」、フォトフレームになるポップアップです。

2か所をカットするだけで(中心の爆発部分は切らずに、上に好きな形にカットした写真を貼ってもOK)立体的なフォトフレームになるので、カードを受け取った方が写真をそのまま飾れます。

フレームに絵を描いたり、切り紙(クラフトパンチがあると便利)で飾ったりすれば、素敵な作品になりますね。

次は、[GIFT]と[HOUSE]が比較的簡単に作れカードです。[GIFT]は茶谷先生の作品。

細かいカットが得意な方は、メルヘンチックなカードもおすすめです。
こちらはカットは細かいですが、折りは複雑ではありません。


直線だけなのでカットは絵を切り抜くよりも楽なのですが、折るのが大変なのが[DIONYSOS]ですね。

あくまでも私の個人的感想ですが。

Mariviさんのホームページは、いろいろなタイプの折り紙建築作品を、見て、作って楽しめる超おすすめサイトです。 

Do not hot link to pictures in this site.
画像へ直接リンクを貼らないでください。