トップ 私に作れるかなと心配な方へ > 飛び出す絵本を作成する前の準備と作業

飛び出す絵本を作成する前の準備と作業

飛び出す絵本型紙作成前にお読みください。

★材料と道具★

型紙をダウンロードして印刷してください。 型紙ダウンロードと印刷方法はこちらをご覧ください。

作成に必要な道具類を用意してください。

■道具

のり(スティックのり、木工用ボンドなど)
はさみ
カッター
カッターマット(厚紙などでも代用可)
鉄筆(あるいは書けないボールペンなど)
定規
目打ちのような先のとがったもの

道具についてはこちらのページでも説明しています。

★型紙の折り筋つけと切り取り★

型紙を切りとる前に、型紙の折り線に沿って、鉄筆(書けなくなったボールペンなど)を使い、折り筋(折りやすくするために入れる溝)をつけておきます。

折り筋は、谷折りは印刷面から、山折りは裏面から入れてください。

飛び出す絵本の作り方準備編1

山折りの場合、裏に線は入っていないので、折り線の始点と終点に目打ちのようなもので、目印をつけます。

飛び出す絵本の作り方準備編2

紙を裏返し、点と点の間に折り筋をつけます。

飛び出す絵本の作り方準備編3

飛び出す絵本の作り方準備編4

ポップアップしかけの中には、下のしかけのように1本の線の中に山折りと谷折りが入っている場合があります。

下はサンプルです。しかけの中央線が山折りと谷折りが交互になっています。

飛び出す絵本の作り方準備編5

めんどうですが、谷折りは表面から、山折りは裏面から折り筋をつけておくと、折り筋がガイドになるので、しかけを折りやすくなります。

しかけの折り筋を入れたら、次はしかけの中の切り抜き線をカッターを使って切り抜いておきます。 しかけの中に、太い黒線が描いてあったら切り抜き線です。細い黒線の場合は、線に沿って切り込みを入れるだけです。

飛び出す絵本の作り方準備編6

飛び出す絵本の作り方準備編7

★型紙を切り取る★

型紙には切り取り線を書いていませんので、色のついた部分と白い背景部分の境で各しかけを切り取ってください。

しかけの色が白い場合のみ切り取り線を入れています。

★型紙を折る★

しかけパーツを切り抜いたら、折線に沿ってしかけを折りたたんでおきます。折りすじをあらかじめ入れているので、きれいにしかけが折りたためます。

山折り線(赤線)は裏面を重ね合わせるように折ります。
谷折り線(青線)は印刷面を重ね合わせるように折ります。

飛び出す絵本の作り方準備編8

ポップアップしかけのなかには、1本の折り線の中に、山折りと谷折りが入っているものがあります。

飛び出す絵本の作り方準備編9

こういうしかけは、最初にの線をつまむようにしながら、軽く折りをつけておきます。谷折り線なら裏側からつまみます。 線が交わるところ()はしっかりとつまんでおきます。

飛び出す絵本の作り方準備編10

次に、1とは逆方向の折りになっている2の折り線部分をゆっくりと内側へ押し込むようにすると、2のもう片方の折りは自然と折れてきますので、最後はしっかりと折りたたみます。

飛び出す絵本の作り方準備編11

飛び出す絵本の作り方準備編12

この折り方が難しいようでしたら、山折り谷折りは無視して、折り線の位置で折りたたみます。

飛び出す絵本の作り方準備編13

それから、折り線どおりに山折り谷折りへ変更していくと折りやすいです。ただ、これをやると、折りの部分が弱くなり、破けやすくなります。

★しかけののりしろについて★

しかけののりしろは、のりを表面(印刷面)につける場合と、裏面につける場合があります。

しかけに『のり』と書いてあるのりしろは、表面にのりをつけてください。何も書いていないのりしろは裏面にのりをつけてください。

(作り方の中でもどこにのりをつけるか記載しています)

飛び出す絵本の作り方準備編14

のりしろからのりがはみ出してしまうと、しかけが汚れるだけでなく、よけいなところが貼り付いてしまって、しかけが立ち上がらなくなったりします。

はみ出さずにきれいにのりをつけるには、まずしかけを折りたたみます。そして、しかけの間に不要な紙をはさみ、のりしろだけが出るようにしてからのりをつけます。

台紙に貼り付けの目印線があるので、その線に沿って貼り付けます。(詳しくは作り方で説明しています)

しかけをひとつつけたら、必ず下記のチェックをしてください。

台紙を閉じる(しかけがちゃんと閉じるかどうかの確認)
上から10秒くらい押さえる(のりしろをしっかり貼り付け固定する)
台紙を開く(しかけがきちんと起き上がるかどうかの確認)

チェックをしてOKだったら、次のしかけの取り付けをします。

もし、何か不都合があったときにはしかけをはがしてつけなおしますが、のりづけをしているので、のりしろ部分が破けてしまい、しかけをそのまま使えないこともあります。

そのしかけのあるページだけを印刷して、新しいしかけで作成してください。

貼り付けがちゃんとできていても、のりしろからのりがはみ出していると、はみ出したのりが貼りつき、台紙が開かない、しかけがちゃんと起き上がらないこともあります。

★作成時のご注意★

飛び出す絵本作りでは、カッターや目打ちなどを使用しますので、小さなお子さんが側にいるときや、お子さんとごいっしょに作る場合、お子さんが怪我をしないように十分にご注意ください。

紙の縁で手を切ることもあります。紙を折ったり貼ったりする場合、紙の縁で手や指を横に滑らせないようにご注意ください。カッターを使って切った紙は、特に怪我をしやすいです。

飛び出す絵本の作り方準備編16

紙は上から押さえるか、

飛び出す絵本の作り方準備編17

横への移動がある場合には、角が丸い板や丸いペンの胴部分などを使って押さえてください。

飛び出す絵本の作り方準備編18

怪我のないよう飛び出す絵本作りを楽しんでくださいね♪

Do not hot link to pictures in this site.
画像へ直接リンクを貼らないでください。